「スイッチ」 お出掛け グルメ 話題

岐阜・恵那市 明知鉄道「きのこ列車」と日本一の農村風景

投稿日:

スポンサーリンク

ローカル線で日帰り旅。岐阜・恵那市の明知鉄道「きのこ列車」です。おいしいきのこ料理いただきながら車窓からの日本一の農村風景を楽しみます。【東海テレビ/スイッチ2016年10月7日放送】

明知鉄道

明知鉄道は岐阜県恵那市の恵那駅と明智駅を結ぶ、全長25.1㎞のローカル線です。11の駅があり、食堂車では季節ごとに沿線の景色を楽しみながらお食事が味わえます。

恵那市観光物産館 えなてらす

列車に乗る前に、駅に隣接する恵那市観光物産館「えなてらす」へ。この時期の恵那の名物といえば「栗きんとん」!こちらで人気の商品「栗くらべ」9個入り2100円。市内9店舗の栗きんとんが詰め合わせになっています。11月中旬までの販売。

平成28年度版「栗くらべ」は、恵那銀の森、大木菓子舗、菊水堂、菓舗ひとつばたご、菓子匠三久、松浦軒本店、松浦軒本舗、良平堂、両楽

それぞれお店の特徴があり、老舗和菓子司「両楽」の栗きんとんは、しっとりして一気に口の中に栗の甘みとコクが広がります。和菓子匠「三久」は、栗の粒が残っていて甘さ控えめでほくほく感が。どの栗きんとんも食べてみたいですね~。

恵那市観光物産館 えなてらす
【住所】岐阜県恵那市大井町286‐25
【電話番号】(0573)25‐4058
【営業時間】午前9時~午後6時
【定休日】年末年始栗くらべ 2100円
11月中旬まで⇒恵那市観光協会HP内

きのこ列車

きのこ列車とは、きのこ料理を食べながら旅をする観光列車です。20年前から始まった名物企画で毎年9月~11月まで、月曜日以外、毎日運航されて大人気です。

kinoko-train008

きのこ列車は1日1本。午後0時40分に恵那駅を出発し、およそ50分掛けて終点の明知駅を目指します。1日フリー切符&きのこ料理で、1人5000円。

img_2

それでは、きのこ列車に乗るため駅のホームへ向かいまーす。小さなホームはきのこ列車に乗る人でいっぱいです。列車も可愛らしいです。食堂車の車内には、中央のテーブルにお食事が並んでいます。

料理は市内の3つの飲食店が交代で、地元のきのこや野菜を中心に使ったオリジナルのメニューを出しています。この日は明智ゴルフ倶楽部のもので、松茸ご飯や、焼き松茸などのきのこ料理に鮎の甘露煮、野菜の煮物などが並びます。

x03b08b

松茸ご飯は、松茸と鶏肉を甘辛く煮付け、ご飯と一緒に炊き上げました。松茸がたっぷり入って風味は格別。列車の中は松茸の香りで溢れます。たまりませんね~~。お味は最高。なんとお代わり自由!これはビックリ。思う存分食べたい!

続いて、松茸の土瓶蒸し。香りとだしの風味がなんともいえません。さらに香り豊かな焼き松茸も。また地元産の珍しいきのこを使った料理もあり、まさに秋の味覚きのこ三昧です。

011f6b880d4d4b5598ac5674af2d9b31_l

路線のほぼ中間地点に差し掛かると、車窓からの景色も見どころになります。「農村景観日本一」という称号を受けた岩村町の富田地区を走っていきます。車窓から広がる景色はなんとものどかです。

4969250338_0102932072

日本一の景色の真ん中をきのこ列車は走っていきます。美味しいきのこ料理に絶景、も~秋の幸せに大満足!食事とのどかな山里の景色を満喫し、終点の明知駅に到着しました。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

明知駅を降りるとここからは自由行動です。フリー切符なので電車乗り放題、途中下車も自由です。岩村駅の近くに美味しいカステラのお店があるとの事で、そちらに行ってみることに。

明知駅から電車で戻り岩村駅へ。駅から3分ほど歩くと岩村城の城下町に出ます。今も古い建物が立ち並び風情ある街並みが残って懐かしい雰囲気です。

41579a4b9776a-d643-4a11-aede-8821382f9071_m

伝来菓子かめや

明治44年創業の老舗で、看板商品はカステラ。定番のプレーンの他、抹茶やゆずなど7種類の味が楽しめます。昔ながらの製法で作り上げ、しっとりなのにふんわりとした独特の食感です。

スポンサーリンク

14142079_1769958336610471_3150891036553818846_n

お店は半年前にリニューアルし、イートインスペースが出来ました。飲み物にプラス150円で3種類のカステラの食べ比べが出来ます。散策の途中でほっと一息、優しい味に癒されます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

伝来菓子 かめや
【住所】岐阜県恵那市岩村町291
【電話番号】(0573)43‐2208
【営業時間】午前9時~午後6時
カフェ 午後5時まで (L.O午後4時30分)かすていら(プレーン)1本 480円
スペシャルコーヒー 650円
かすていら3種食べ比べ 200円(飲み物セット-50円)⇒かめやFacebook

農村景観日本一展望所

車窓から見た、農村風景を一望できる富田地区の展望台へと。展望台からの景色が日本一に指定されました。

最寄駅の飯羽間駅から歩いて約30分ほど。極楽駅からは徒歩約40分、岩村駅からは徒歩約44分です。フリー切符なので気ままに散策を楽しめますね。

こちらの階段から展望台に登ります。まあまあ、キツそうな階段ですねー。いい運動になりそうです(笑)。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

そして展望台からの眺めが、こちら。日本一の農村風景と言われる絶景です。心が癒されます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

眼下に広がるのはまさに日本の秋、実りの秋を迎えた稲穂が黄金色に輝いています。この時期、一度は訪れてみたいですね。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

富田地区の展望台も通るウォーキングコースを見つけました。散策の参考にされてはいかがでしょうか^^。
コチラ・(いわむら観光協会HP内)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明智鉄道HPによると、きのこ列車が大変な人気で番組放送後、予約殺到でキャンセル待ちの状態だそうです。きのこ列車の次は、12月からじねんじょ列車が運行されます。じねんじょ列車も2月から3月は、なかなか予約が取れない人気列車だそうです。

きのこ列車が予約が取れなかったは、じねんじょ列車を狙ってみてはどうでしょうか。

【じねんじょ列車】
12月から3月まで
毎週月曜日(祝日を除く)以外毎日
午後0時40分 恵那駅出発
1人 4,000円(往復の運賃を含む)

明知鉄道株式会社
【住所】岐阜県恵那市明知町469‐4
【電話番号】(0573)54‐4101明知鉄道「きのこ列車」
午後0時40分 恵那駅出発
9月3日(土)~11月30日(水)の火曜~日曜
※祝日の月曜は運行
※1週間前までに要予約
【料金】1日フリー乗車券+きのこ料理  大人1人5000円
明知鉄道HP

きのこ列車・出発駅「恵那駅」

こんな記事もよく見られています:

スポンサーリンク

-「スイッチ」, お出掛け, グルメ, 話題

Copyright© アボカド日記 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.