「スイッチ」 お出掛け グルメ 産直

道の駅「どんぐりの里いなぶ」パン情報など♪

投稿日:2016年10月1日 更新日:

スポンサーリンク

実りの秋到来!秋の味覚を満喫です。つややか新米・旬の果物・行列の出来る焼きたてパン・人気の日帰り温泉の道の駅「どんぐりの里いなぶ」のご紹介です。【東海テレビ/スイッチ2016年9月30日放送】

道の駅 どんぐりの里いなぶ

名古屋からクルマで1時間半、愛知県豊田市稲武地区。国道153号線沿いにある「どんぐりの里いなぶ」へ。年間60万人が訪れる人気の道の駅です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

大人気のパン

なんといってもこちらのオススメは大人気の「パン」!メロンパンやカレーパンなど10種類が並び、午前9時30分から1時間ごとに焼きあがります。それを買い求めるお客さんでなんと行列が。わざわざパン目当てに名古屋や遠方から買いに来る人もみえます。

001_ph019出典:http://www.timesclub.jp/sp/tanomachi_ex/aichi/toyota/001.html

生地に地元産「みねあさひ」の米粉を使用。優しい甘みとモチモチの食感が特徴で人気の秘密です。一番人気は「りんごカスタードパン」150円。りんごの爽やかな風味が特徴で、多い日には150本も出ます。

旬の食材を使った月替わりの季節限定パンも人気です。10月限定パンは「栗あんパン」150円。長野県産の栗を裏ごしして作った特製の栗あんに、粗めにつぶした栗も入り豊かな風味とツブツブの食感が楽しめます。いかにも秋の味を楽しめるパンですね。

米粉で作ったモチモチのパン、焼きあがりと共にあっという間に売り切れです。わざわざ並ぶ価値ある逸品です。どんなに美味しいのか食べてみたいですね~!

幻の米「みねあさひ」

新米の季節、お米もオススメ。「みねあさひ」は主に奥三河地方で栽培されている高級米。寒暖差のある山間の地域でしか栽培できないため、生産量が少なく〝幻の米〟とも言われています。うま味と粘り気が強く味がいいと評判。この辺りの地域でしかとれないので、他には出回らないそうです。

001_ph016

構内の直売所で買えますが、電話でお取り寄せも出来ますよ!全国どこでも配送してもらえるので、自宅用でも贈り物にもいいかもしれませんね。実りの秋を実感できる新米。味わってみたいです。【どんぐり横丁TEL:(0565)82-3666】>>HP参照

ミネアサヒは道の駅のどんぐり食堂で食べることができます。幻のお米の新米、見た目つやつやで甘い香りのご飯で、お店の方も自信満々のお味です。「ふっくらしてモチモチなのに一粒一粒の存在感がしっかりある」そうです。日本人なら美味しいお米が食べたいですよね。

001_ph009

地元産のサトイモなどの食材たっぷりの豚汁とセットになった「豚汁とご飯のセット」550円。これは、たまりませんねーー。野菜も温暖の差が激しいところで作っているので甘みがありとても美味しいです。心もお腹も秋で満たされますね。

どんぐりの里いなぶ・ジビエ

〝ジビエ〟って、ご存じですか?フランス語で「食材にするために狩りで捕獲された野生の鳥獣」の事で、これらを使った料理を「ジビエ料理」といって、ヨーロッパでは高級料理で人気のある食材です。

愛知県では、野生鳥獣による農作物被害がかなり大きく問題になっています。被害を減らすために捕獲したイノシシやニホンジカを〝ジビエ〟として活用する事業に取り組んでいます。

そんな〝ジビエ〟を使った料理コンテストが、どんぐりの里いなぶで「ジビエ・グルメ・グランプリ」として、2015年は11月7・8日に第5回目が開催され、17のお店が参加しました。

スポンサーリンク

出品料理もコロッケやからあげなどや、猪肉のローストや炭火焼など素材の味を楽しむもの、ラーメンやうどん、きしめんまで気軽に食べれるものから本格的なものまで揃っていて豪華です。これだけの「ジビエ料理」食べられるのは、なかなかありませんね。

今年の開催は、まだ発表がありませんが、普段あまり口にすることのない〝ジビエ〟。例年は、料理を1品買うと1枚投票用紙がもらえ投票できるので、美味しく食べた後、どれに投票するか迷うのも楽しいですよね。

どんぐりの湯・温泉

もう一つのおススメ。道の駅に併設のする「稲武温泉 どんぐりの湯」。1200mから汲み上げた天然温泉です。大きな窓から日が注ぐ浴槽やヒノキの寝湯など、内湯と露天を合わせて10種類のお風呂が楽しめます。

001_ph005

露天風呂は山の景色が臨めで気分も開放的に。少しヌルっとしたお湯で、肌にいいと評判です。たまに吹く秋の風が心地よく感じます。ん~気持ち良さそう。

001_ph008

「どんぐりの里いなぶ」で、美味しいもの食べて、ノンビリ温泉に入って最高ですね。11月上旬~中旬にはすぐ近くで「大井平公園もみじまつり」が開催されます。秋を求めて訪れてみたい道の駅ですね。

どんぐりの里いなぶ

【住所】愛知県豊田市武節町針原6-1
【電話番号】(0565)82-3666
【営業時間】
・平日 午前9時~午後5時
・土日祝 午前9時~午後6時
【定休日】4~11月 無休
12月~3月 毎週木曜日
(祝日の場合は翌日)
りんごカスタードパン 150円
栗あんパン 150円
※10月限定販売

みねあさひ 10kg 4000円
※12月末まで販売
年内までは「新米」と呼ぶ

<どんぐり食堂>
豚汁とご飯のセット 550円

<稲武温泉 どんぐりの湯>
【入浴料】 大人 600円 小人 300円
【電話番号】(0565)82-3135
【営業時間】平日 :午前10時~午後9時
土日祝:午前9時30分~午後9時
【定休日】木曜日(祝日の場合は翌日)

豊田市稲武地区の国道153号線沿い
名古屋からクルマで約1時間30分
どんぐりの里HP

関連記事
岡崎・道の駅「藤川宿」オカザえもんに、秋の味覚!

こんな記事もよく見られています:

スポンサーリンク

-「スイッチ」, お出掛け, グルメ, 産直

Copyright© アボカド日記 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.