熱田神宮 行事

鏡開き 2019年 名古屋・愛知いつ?熱田神宮の鏡開き

投稿日:2017年1月4日 更新日:


日本のお正月にかかせない「鏡餅」。そろそろ鏡開きの時期ですね。ところで鏡開きって2019年愛知・中部・名古屋はいつなんでしょう?愛知・名古屋の鏡開きについて調べてみました。

スポンサーリンク

鏡開き 2019年・名古屋はいつ?

illust1318

ズバリ、
2019年愛知・名古屋の鏡開きは
1月11日(金)です。

鏡開きの時期は地域によって違います。

2019年の鏡開きの日
・関東→1月11日(金)
・関西→1月20日(日)
また京都は1月4日(金)が鏡開きの日となっています。

いろいろ調べても、関東・関西で日にちが違う事は書かれていますが、間にある愛知・名古屋は「どっち~?」っと思っちゃいますね。

鏡開きの日は、毎年同じなので覚えておくといいです。

スポンサーリンク

鏡開きの日にちはなぜ違う?

年神様がいらっしゃる1月7日までを「松の内」といい、松の内の明けた1月11日に鏡開きをするのが一般的。松の内を15日とする地域は15日か20日に行います。松の内も地域によって違うんですね。

鏡餅には年神様の霊力が宿っているので、刃物を使わず木槌で割って1年の無病息災を祈り頂きます。食べてこそ「鏡開き」です。ぜんざいやお雑煮にしておいしくいただきましょう。

真空パックの鏡餅

最近は一般家庭では、真空パックの鏡餅がほとんどでしょうか。真空パックのお餅は裏のフィルムをはがさずに10~15分位お湯の中に入れて温めた後、裏のフィルムを切り濡らしたスプーンなどで取り出します。

年神様のパワーをいただき、一年の無病息災を願って食べましょう。

熱田神宮 大鏡餅の鏡開き

熱田神宮では年末に奉納された大鏡餅が参拝者に頒賜(お餅の配布)されます。

直径約1.5メートル、重さ約400キロもある大鏡餅です。こちらは大鏡餅の奉納の様子です。圧巻ですね。

日本屈指のパワースポットとして知られる熱田神宮のお餅をいただけたら、とてもよい一年が過ごせそうです。

熱田神宮の鏡餅をいただきました

私も、初めて熱田神宮の鏡餅をいただいてきました!

この日は、午後1時からの配布でした。
一緒に並んだ方に伺ったら午前中に配布されたこともあるそうなので、お出掛けするときは時間を確認された方がいいですね。

時間には長い列が出来ていましたが、配布が始まるとスムーズに列は流れてそれほど時間は掛からず鏡餅をいただくことができました。

思ったよりたくさんの鏡餅が入っていました。熱田神宮のご利益をありがたく鏡開きの日にいただこうと思います。

熱田神宮
大鏡餅の頒賜(餅の配布)
毎年1月10日前後
※2019年は1月8日
熱田神宮HP

関連記事
熱田神宮「朔日市参り」と「あつた朔日市」大人気あつた宮餅

まとめ

名古屋の鏡開きの日は、一般的とされる1月11日なんですね。

今は、飾りとしての鏡餅を飾る人も多いかもしれません。私もそうです。

でも、伝統の行事である鏡開きの意味を知って、鏡開きで食べる用の鏡餅を飾り、一年の無事を願って鏡開きでいただけるようにしておくといいですね。

こんな記事もよく見られています:

-熱田神宮, 行事

Copyright© アボカド日記 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.