ドラマ 僕と彼女と彼女の生きる道

【僕と彼女と彼女の生きる道】再放送・第6話

投稿日:

【僕と彼女と彼女の生きる道】再放送・第6話

#6 娘との旅

 

徹朗(草なぎ剛)は来月いっぱいで退職したいと井上部長(小日向文世)に伝えた。

 

「家の近くの信用金庫でお世話になるつもりです」

 

残業はないが、給料は半分になる。

 

「おまえがその程度のヤツだと見抜けなかった自分にムカつく」

 

今度の社内人事で井上は常務への昇進がウワサされている。子飼いの部下の突然の退職は影響をおよぼすかもしれない。しかし井上の口から慰留の言葉はでなかった。

凛(美山加恋)の不登校は続いていた。ある夜、担任の石田(浅野和之)が突然たずねてきた。

 

「先生が来てくださったぞ」

 

しかし凛は逃げるように、勉強を教えてくれていたゆら(小雪)と自分の部屋にひきこもった。

石田はなくなった凛のクツと下敷きを差しだした。凛を困らせたくて同級生の女の子が隠していたという。

 

「申し訳ありませんでした」

 

そして石田は授業でつかったプリントの束を徹朗に手渡した。

 

「教師になりたての頃は、こんなにためなかったのに」

 

それまで事務口調だった石田が、その瞬間だけは本音をのぞかせたように徹朗には感じられた。

これで明日から登校してくれるはず。そんな徹朗の期待はあっさり裏切られた。

 

「行きたくないです」

 

凛ははっきりと言った。石田に対する不信感は消えてなかった。

 

「本気かよ」

 

宮林(東幹久)はマンションにまで押しかけてくると、徹朗に退職の真意を問いつめた。

 

「なんでそんなにさっぱりしてるんだよ」

 

宮林には徹朗の平静ぶりが信じられなかった。かたや徹朗には他人のことなど関心ないと思ってきた宮林が、まるで自分のことのように興奮しているのが不思議に見えた。

義朗(大杉漣)が足を骨折して入院した。

 

「かえってよかったかも」

 

美奈子(長山藍子)が思わずそうもらしたのには理由があった。義朗は趣味がなく、近所づきあいもない。定年退職したのに、自由な時間をもてあましていたからだ。入院していれば暇つぶしにはなる。

 

「遅くまでは無理ですから」

 

宮林から声をかけられて、徹朗は気のりしないまま合コンに参加した。退職を間近にひかえた徹朗に関心をしめす女の子はいなかったが、徹朗にはむしろ好都合だった。

 

「俺、急ぐんで」

 

凛の待つ自宅へ急いだ。

その夜、子供部屋から泣き声がもれてきた。

 

「お母さん」

 

寝ぼけた凛は泣きながら徹朗にしがみついた。

 

「大丈夫だから」

 

いまの徹朗はしっかりと抱きしめることしかできない。数日後、徹朗はゆらに銀行を辞めることを伝えた。

 

「驚いた?」

「はい。でも間違ってないと思います」

 

徹朗はその一言が聞きたかったのだ。

 

「よかった」

 

徹朗はホッとしたように微笑んだ。

日曜日、徹朗は凛と遠出した。凛の気分転換になればとゆらが勧めてくれたのだ。一面の雪景色のなか、2人は大きな雪だるまを作った。

 

「学校、どうするんだ? お父さん、銀行辞めることにしたんだ。今までとは違う生きかたをしたいんだ」

 

凛は何も言わない。徹朗はきっぱりと言った。

 

「凛ともっと一緒にいたいんだ」

 

2人は歓声をあげて雪合戦をした。「ヤッター!」「やったなあ」。徹朗は願った。

凛は母親のいない寂しさをずっと抱えていく。だからこそ父親には愛されていると感じてほしいと。

 

「学校、行くのか?」

 

やっと凛がその気になってくれた。しかし校門の前に石田がいるのに気づいた途端、凛は動けなくなってしまった—。

 

引用:番組HPより

こんな記事もよく見られています:

-ドラマ, 僕と彼女と彼女の生きる道

Copyright© ドラマ大好き , 2022 AllRights Reserved Powered by micata2.