ドラマ 僕と彼女と彼女の生きる道

【僕と彼女と彼女の生きる道】再放送・第7話

投稿日:

【僕と彼女と彼女の生きる道】再放送・第7話

#7 元妻の復讐

 

井上部長(小日向文世)が飛び下り自殺を図った。一命はとりとめたが、意識が戻らない。遺書はなかったが、常務になれなかったことが原因なのは間違いない。

徹朗(草なぎ剛)は自分を責めた。昨夜義朗(大杉漣)の面会時間を気にするあまり、いつもと違う井上の様子を見逃してしまった。

 

「親父のせいだからな。どうしてくれるんだよ!」

 

徹朗はいき場のない怒りと悲しみを義朗にぶつけた。

ゆら(小雪)も心配してくれた。そんな彼女がいれてくれた温かいココア。「おいしい」

徹朗の表情が少し和らいだ。翌朝から徹朗は野菜や果物の特製ジュースを作りはじめた。

凛(美山加恋)がうれしそうに見ている。「乾杯!」。徹朗は誰かのためにしてあげることの喜びを感じた。

井上が意識を取り戻した。

 

「お会いすると言ってます」

 

断られるのを覚悟していたが、付き添っていた井上の妻は病室に入れてくれた。ベッドの上で井上はぼんやり窓の外を見ていた。

 

「ホントにいい天気だ」

 

井上は別人のように穏やかな表情をしていた。

 

「すべてのことが遠い昔のことに思えるよ」

 

井上には職場に戻るつもりはなかった。

 

「奥さんに怒られちゃったよ。息子と娘にも」

 

井上はつかの間泣いたが、徹朗に向き直ったときには笑みを浮かべていた。

 

「新しい仕事も子供のこともうまくいくといいな。おまえならきっとうまくいく」

「はい」

 

会社人間だった井上はようやく家族との絆に気づいた。徹朗は安心して病室をあとにした。

 

「井上部長、もう大丈夫です」

 

ふと立ち寄ったスーパーでゆらに出会った。

 

「よかった」

 

ゆらは結婚パーティーの帰りとあってドレスアップしていた。ゆらと立ち話していると呼びかけられた。美奈子(長山藍子)だった。

 

「失礼します」

 

ゆらが立ち去ると、美奈子は徹朗の顔色をうかがうように言った。

 

「これからどなたかとおつきあいすることがあっても、凛ちゃんのことだけはちゃんと考えてあげてね」

 

美奈子がゆらをどんなふうに見ているかが分かった。

 

「そういうことは全然考えてませんから」

 

徹朗は即座にこたえた。

 

「お世話になりました」

 

徹朗にも職場を去る日がきた。居酒屋での送別会にきてくれたのはマミ(山口紗弥加)だけ。

徹朗の携帯電話が鳴った。義朗からだった。知りあいの融資話を聞いてもらいたいという。

 

「俺、きょう銀行を辞めたんだよ」

 

義朗は激怒した。

 

「どうして俺に断りもなしに辞めたりするんだ。誰がおまえを立派に育てたと思ってる。なんとか言ったらどうなんだ!」

 

なにも言う気になれない徹朗は電話をきった。

徹朗は珍しく酔いつぶれた。そこへ亜希(田村たがめ)と映画を見てきたゆらが出くわした。

 

「私、知り合いのものです」

 

いっこうに起きる気配がない。

 

「せっかくのデートなのに」

 

マミに任せておけばいい。

 

「じゃあ、失礼します」

 

ゆらは気になりつつも店を出た。

結局マミが徹朗を自宅まで送り届けた。

 

「お父さん、寝てるんですか?」

 

初めて目にする父親の姿に凛は驚いたようだ。

 

「お酒をちょっと飲みすぎちゃったの」

 

マミは徹朗をベッドに寝かすと帰っていった。

同じころ、ゆらはベッドの上で眠れない一夜をむかえていた。自分でもなにが原因なのか、分からなかった。

 

「一緒にベッドまで運んでくれたのか。ゴメンな」

 

翌朝Yシャツ姿で目覚めた徹朗が凛とジュースを作っていると、新しい職場となる信用金庫から電話がかかってきた。

 

「では、うかがいますから」。

 

呼び出された徹朗に人事担当者から、思いもかけない事実が伝えられた—。

 

引用:番組HPより

こんな記事もよく見られています:

-ドラマ, 僕と彼女と彼女の生きる道

Copyright© ドラマ大好き , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.