ドラマ 僕と彼女と彼女の生きる道

【僕と彼女と彼女の生きる道】再放送・第9話

投稿日:

【僕と彼女と彼女の生きる道】再放送・第9話

#9 和解

 

徹朗(草なぎ剛)はもう一度、親子3人で暮らしたいと可奈子(りょう)に伝えた。

 

「俺、本当に変わったんだ」

 

しかし可奈子の決心は変わらなかった。

 

「私があなたを愛することはもうない。凛(美山加恋)と2人でやっていきたいの」

 

可奈子は凛の部屋にいくと、自分の手作りの品々を指さした。

 

「いつも凛のそばにいたのは私よ。たった数ヶ月、面倒をみたぐらいで父親ぶらないで」

 

徹朗が凛のために銀行を辞めたことも信じようとしない。可奈子は最後にこう言い放った。

 

「どうしても凛を返してくれないなら、家庭裁判所にお願いするしかないわね」

 

親権変更の調停がもの別れに終われば、審判に委ねられることになる。

 

「もし審判になったりしたら」

 

凛のいない生活など考えられない。徹朗は不安をゆら(小雪)に打ち明けた。

徹朗は洋食屋で働きはじめた。交代制で時間の融通はきくが、職場は慣れないことの連続。あくまでも新しい仕事が見つかるまでだからと、徹朗は自分に言い聞かせた。

しかし収入は減り、月謝も苦しくなってくる。そこでゆらに凛には英語だけを教えてくれるよう頼んだ。

 

「いいんです。私がここに来たいから」

 

徹朗はゆらの好意に甘えることにした。

徹朗の手作りカレーをゆらもまじえて3人で食べていると、義朗(大杉漣)が現れた。

 

「家庭教師の北島さん。父です」

 

義朗は挨拶もそこそこに徹朗を寝室に連れていくと、いきなり銀行を辞めたことを問い詰めた。

 

「一生を棒にふるってことだぞ」

「俺は親父と違うから。家族のこと、ちゃんと考えたいんだ」

 

徹朗はこれまで胸に秘めてきたうっ憤をぶつけた。

 

「会社を辞めたらすることないんだろ? 親父は会社名や肩書でしか生きてこなかったからだ。俺は絶対にそうなりたくない」

 

定年までの会社人生を息子から否定された義朗は明らかに傷ついた。

 

「俺は間違っていない」

 

ふりしぼるようにそう言うのがやっとだった。

家庭裁判所で親権変更の調停が行われた。徹朗も可奈子も譲らなかったため、調停は不成立で終わる公算が高かった。

審判になれば、新しい美術館での仕事の決まった可奈子のほうが有利ではないか。

 

「銀行辞めたの、マズかったかな」

 

ゆらの前でも徹朗は弱音をもらした。凛も父親の変化に気づいていた。

 

「凛はお父さんと住むの? お母さんと住むの?」

ゆらは「心配しないで」と答えるしかなかった。

 

調停のことが頭からはなれない徹朗は、職場の厨房で盛りつけたばかりの料理皿を落としてしまった。

 

「何やってんだ、バカヤロウ!」「すみません」

 

怒鳴られた徹朗は意気消沈して店を出た。

 

「小柳さん!」

 

岸本(要潤)だった。岸本は仕事の相談をもちかけてきた。

 

「俺はもう上司じゃないから」

 

徹朗は逃げるようにして岸本から離れた。

その夜、今度は宮林(東幹久)から電話がかかってきた。

 

「今から行ってもいい?」

すぐに宮林はマミ(山口紗弥加)を連れて現れた。

 

「信用金庫の話、なくなって、今は洋食屋で働いてるんです」

 

徹朗の告白に2人は驚いた。

 

「バカだと思ってるんでしょ。今日は帰ってもらえませんか」

 

徹朗はいつものように話せる気分ではなかった。宮林は帰りぎわに言った。

 

「自分で選んだ道、信念をもって進んでいけばいいことだから」

 

突き放したような口調の中に、優しさがあった。

徹朗の今後を心配してくれるのはかつての同僚だけではなかった。義朗が新しい就職先の資料を持ってきた。

 

「こんなこと、頼んでないよ」

「つっぱるな。今の仕事、思ったようにいってないんだろ」

 

図星だった。だから義朗が帰ってからも資料を捨てきれずにいた。

重い気分のまま、徹朗が洋食屋の表を掃除していると、

 

「お父さん!」

 

凛の声がした。見るとそこに、ゆらと凛が笑顔で立っていた—。

 

引用:番組HPより

こんな記事もよく見られています:

-ドラマ, 僕と彼女と彼女の生きる道

Copyright© ドラマ大好き , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.